求人媒体を使って求人募集を行う場合、募集要項の内容を、求職者側の関心を高めるような、魅力的な文章で書くことが大切です。加えて、「Indeed」「求人ボックス」「Googleしごと検索」などの求人検索サービスでは、検索にヒットしやすい文言、ということを意識する必要があります。

◆募集要項を書く際のポイント
1.求人媒体向け:募集要項の内容重視。魅力的な文章作成能力が求められる。
2.求人検索エンジン向け:「1.」に加えて、検索にヒットしやすいキーワードを入れることも求められる。

本ブログでは、「2.」の検索キーワードに注目し、職種毎の人気キーワードをご紹介していきます。
今回ピックアップする職種は⼼理カウンセラー・ホームヘルパー・⾦融事務職です。募集要項作成時のヒントにご活用ください。

職種別求人検索人気キーワード5選

⼼理カウンセラー

・カウンセラー
・臨床⼼理⼠
・⼼理相談員
・産業カウンセラー
・精神保健福祉⼠

ホームヘルパー

・介護職
・デイサービス
・介護施設
・介護福祉⼠
・グループホーム

⾦融事務

・銀⾏事務
・損保事務
・事務 正社員
・データ⼊⼒
・⽣保事務

今回ご紹介した人気キーワードは、採用市場の動きや季節によって変動しやすいものとなります。
ご了承の上ご参考いただけますと幸いです。

また、当社が運営する「採用サーチ」では、専門的な運用ノウハウを持ったIndeed代理店をご紹介しております。
広告予算や対応エリア、過去の運用実績などを考慮の上、貴社に見合った代理店をお探しいたします。
そのほか人材採用に関するお悩みでしたらどんな事でもお受けいたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
https://reiwa.careers/contact/