コロナ禍以降、採用活動の主流となっているオンライン採用ですが、オンライン採用にはメリットとデメリットがあります。今回はオンラインを利用した採用活動について、企業が注意すべきポイントを考えていきたいと思います。

オンライン採用とは

オンライン採用とはオンラインを利用した採用活動のことを意味します。コロナ禍の影響もあり、近年増えている採用方法のひとつです。最近になってオンライン採用を開始した、という企業も多いのではないでしょうか。様々なメリットがあるために増えているオンライン採用ですが、オンライン上で行う採用活動にはメリットがある反面、デメリットや新たな課題を感じている企業もあります。

オンライン採用の課題

オンライン採用の課題として、オンラインだけだと候補者の見極めが難しく、採用ミスマッチを引き起こしやすいと言われています。どこまでオンラインで採用活動を実施するかは企業によって様々ですが、最終的な採用は対面で行うというところも少なくありません。
採用課程を全てオンライン採用とするか、どの段階からか対面で行うのか、少なくとも最終面接は対面での面接も行うかなどの判断は、オンライン採用のメリットとデメリットをしっかりと理解した上で方針を決める必要があります。

オンライン採用のメリット

はじめに、オンライン採用のメリットから見ていきましょう。オンライン採用には従来の採用活動では実現できなかったメリットがあります。

時間と場所を気にせず採用活動できる

オンライン採用のメリットは、時間と場所を気にせず採用活動ができることです。採用活動においては時間がかかるのが常ですので、これは企業にとって大きなメリットになります。面接会場の準備が不要になるので時間の節約になり、これまで直接会うのが難しかった地方や海外在住の候補者とも場所を気にせずに面談が可能になります。企業としては、地方や海外に優秀な人材がいても、対面で面接を進めるというのは難しい側面があるでしょう。オンライン採用なら時間と場所を気にせず採用活動ができ、人材確保のチャンスを増やすことができます。従来の採用活動では出会えなかった人材と出会うことが出来るという大きな機会となり、優秀な人材の取りこぼしを防止することにもつながります。

コストの削減につながりやすい

オンライン採用は面接会場の手配費用などが一切不要になるため、コスト削減につながります。特に高額な会場費に悩まされる企業は少なくないのではないでしょうか。オンライン採用ならオンライン上のみで進められるので、人材採用費に悩み、費用を削減したい企業にとっては大きなメリットとなります。

応募者側にもメリット

オンライン採用は応募者側にとってもメリットがあります。応募者にとって、わざわざ面接場所まで時間とお金をかけて行き、面接を受ける事は応募のハードルになることもあります。オンライン採用であれば、面接会場までの移動時間や交通費がかからなくなり、面接を受けるハードルが下がるので応募がしやすくなります。同業他社でオンライン採用を導入していない企業があった場合には、差別化をすることができます。

オンラインで対応できる人材かの判断

コロナ禍以降、オンラインツールを利用した面談や商談の機会が増えてきたため、オンラインツールへの対応は必須スキルとなりつつあります。オンラインでの面談や面接を行う事で、一般的に普及しているオンラインツールに対応できる人材か否かというのも適性の判断材料になっています。

オンライン採用のデメリット

続いて、オンライン採用のデメリットを見ていきましょう。メリットの他、デメリットをしっかり知ったうえでオンライン採用を進める事が大切です。

対面の採用活動でないと見れない事もある

オンライン採用のデメリットは、対面の採用活動でないと見れない部分があることです。例えば受け答えに対する細かい仕草や表情などは、オンライン上だけでは判断しづらい場面が多々あります。営業職や販売職など、実際に会った時の雰囲気などが業務上必要になる職種は特に注意したいところです。
また、画面越しの場合と実際に対面で会う場合では異なる印象になる可能性があります。応募者の人間性や価値観、志望度の高さを確認するには質問内容を精査するなどの工夫が必要になります。

内定辞退が多い可能性も

どの企業であっても毎年一定数の内定辞退者が出ますが、特にオンライン採用は内定辞退につながりやすい傾向があります。相互の認識のズレによる採用ミスマッチを防ぐためにも内定者へのフォローが大切になっていきます。内定辞退率を下げるための具体的な対策については下記記事をご参考ください。

参照)内定辞退率を下げたい!人事担当ができる対策は?
https://reiwa.careers/ichiran/jinji_naitei/

回線が途切れる可能性も

ネット特有のトラブルとして、オンライン採用活動中に回線が途切れる可能性があります。質問している最中に突然途切れた、会話の途中で繋がらなくなったなどの緊急時のトラブルが起きることがあります。トラブルへの対応は応募者側も見ています。慌ててしまうのは仕方ない所もありますが、パニックになる姿を見せてしまっては悪印象です。別の連絡ツールを用意しておくなど、事前に対応策を準備しておくと安心です。Web面接導入時の詳しい準備については下記記事をご参考ください。

参照)Web面接の導入 – 企業側の準備
https://reiwa.careers/ichiran/online-interview/

オンライン採用では企業側の対応に注意

採用活動は企業側が採用者を選ぶものではありますが、応募者側も企業の対応を通して判断をしています。オンライン採用でも同様で、応募者の情報が読み取りにくいということは、イコール企業側の対応も応募者に伝わりにくいということにつながります。オンライン採用にはメリットがありますが、メリットだけでなくデメリットも理解し、企業として対応すべき課題や注意点を把握した上で採用活動を進めていきましょう。

オンライン採用活動のなかで応募者集めまで手が回らないとお困りの企業様は、採用サーチが御社に合ったIndeed運用代行企業をご提案いたします。是非、お気軽にご相談ください。
https://reiwa.careers/contact/