Web面接の導入 – 企業側の準備

人材採用において、優秀な人材を確保するためには、応募から面接までのスピード感が重要となります。新型コロナウイルスの影響もあり、多くの企業で導入が増え始めている手法が「Web面接」です。今回は「Web面接」を導入する企業側のメリットとデメリット、導入する際の準備についてご紹介します。
 

Web面接を導入する企業側のメリットとデメリット

「Web面接」を導入する企業側のメリットとデメリットとしては、それぞれ下記のとおりのポイントが挙げられます。
 

【メリット】

1.時間とコストの削減
・面接会場の予約・準備・片付けなどの人材手配が不要になる
・面接会場までの交通費や移動時間が削減できるため採用の効率化につながる
 
2.地方求職者の採用チャンスを増やせる
・企業側だけでなく求職者側も移動時間と移動コストを減らせる
・地方や遠方からの求職者(面接を敬遠していた層)と面接することが容易になる
 
3.他社との差別化が可能
・Web面接に対応している会社はまだ少ない(同業との差別化も可能)
 
Web面接を導入することで、今まで応募してこなかった層が応募してくる可能性も高くなります。
面白い人材を集めたい場合など、あえてWeb面接をして対応が出来る人材を集めているという会社もあるそうです。
 

【デメリット】

1.表情や雰囲気が伝わりにくい
・画面越しの場合、実際とは異なる印象を与えてしまうリスクがある
・実際に会った時の雰囲気などが必要な業種もある(接客・販売・サービス業など)
 
2.ネット環境が悪いと面接できない
・会話にタイムラグが生じる可能性がある
・Wifiが安定している場所での面接を促す必要がある
 
 

企業側に必要な準備

「Web面接」を導入する際に企業側に必要な準備についてご説明します。
 

【1.利用ツールの検討】

主な利用ツールをご紹介します。各企業に合ったツールをお選びください。
・Skype
Skypeは以前からWebでの打ち合わせ等にも広く使用されているツールです。
利用にあたって、事前登録をしてIDを交換する必要があり、登録を面倒に感じる求職者もいる場合があります。
 
・Zoom
Zoomは主にオンライン会議用のツールです。主催者から送られる招待URLをクリック、またはミーティングIDを入力することで簡単に参加ができます。
IDの交換や事前の設定が少なく、Web面接の利用にも最適です。無料プランもありますが、一部利用機能に制限がありますので、ご確認の上ご利用ください。
 
・LINE
LINEなどでも面接は可能ですが、Skype同様、IDの交換が必要になります。
プライベートで利用しているIDを会社と交換することになるため、抵抗を感じる求職者もいる場合があります。
 
・Web面接専用ツール
Web面接用のツールを自社開発し、提供・販売している企業があります。オプションなどが幅広く用意されており、どのような機能を求めるかによって金額が異なります。
 

【2.オペレーション確認】

Web面接を実施する時間や場所、利用ツールの操作方法など、事前にオペレーション確認をしっかりと行いましょう。
場所:
Web面接の実施はどこでも可能です。ネット環境が良好で周りが静かな場所が適しています。

時間:
Web面接であれば実質24時間可能です。採用スケジュールを考慮の上、面接可能時間を設定します。

面接担当者への説明:
簡易マニュアルなどを用意し、利用ツールの操作方法を指導します。

利用テスト:
事前に必ずテストを行い、Web面接当日にバタバタしないよう最終チェックを実施します。
 
新型コロナウイルスの影響などもあり、いつの時代も各企業の採用計画にも多大な弊害が発生する可能性が否めません。不安が多い状況の中で、いかにリスクを減らして人材採用を進めていくかが成功への鍵となります。新たな採用手法の一つとして、「Web面接」の導入を是非ご検討ください。

PAGE TOP