働き方の多様化によって、人事も業務の幅が広がり、より多くのデリケートな事案を抱えるようになりました。今回はその中でも企業のLGBT採用について、人事が知るべき配慮と注意点を考えてみたいと思います。

LGBTとは

LGBT(Q)とは次の言葉の頭文字をとって組み合わせた言葉で、セクシャルマイノリティを表す言葉として使われています。

L:Lesbian レズビアン
G:Gay ゲイ
B:Bisexual バイセクシュアル
T:Transgender トランスジェンダー
Q:Questioning(Queer) クエスチョニング(クィア)

レズビアンは女性同性愛者、ゲイは男性同性愛者、バイセクシュアルは両性愛者、トランスジェンダーは身体の性と心の性が一致しない人、クエスチョニングは性自認や性的指向が定まっていない人、クィアは異性愛でも同性愛でもない人を意味します。

2015年に渋谷区で同性パートナーシップ制度がスタートし、このニュースは各メディアでも大きく取り上げられ、日本でジェンダーダイバーシティが広まるきっかけとなりました。パートナーシップ制度とは、同性同士のカップルを婚姻に相当する関係と認めて証明書を発行する制度のことです。渋谷区での導入以降、パートナーシップ制度を導入する自治体は増え、全国的な広がりを見せています。

他にも2018年に刊行された広辞苑第七版で「LGBT」という言葉が初めて掲載されたり、LGBTが働きやすい職場づくりに取り組む「LGBTフレンドリー企業」が増え始めたりなど、LGBTへの認知度は次第に高まっています。

人事が知るべきLGBTの配慮と注意点

先に述べたLGBTフレンドリー企業などのように、LGBT当事者を採用したり、LGBTに配慮した企業が増えているとは言いつつも、自身のセクシャルマイノリティを隠して働いている当事者も多くいます。LGBTの認知が広まっている一方で、近年はLGBT向けの職場ハラスメントの種類が増えていますので、人事としても配慮と注意点を知っておきたい所です。

SOGIハラスメント

SOGIハラとは、Sexual OrientationとGender Identityの頭文字の略です。性的指向と性自認に関連した嫌がらせのことを指します。

職場で性的指向や性自認を理由に不当な仕事を強要したり、うわさ話や陰口などでセクシュアルマイノリティを揶揄して心を傷つける行為もSOGIハラにあたります。職場での何気ないやり取りの中でも、無意識にSOGIハラにあたる発言をしてしまう可能性があるので、LGBTについての知識と理解を深めることが大切です。

アウティング

アウティングとは本人の了解を得ずに、性的指向や性同一性等の秘密を暴露する行動を指します。

例えば直属の上司や同僚が相談を受けたり、人事にLGBTについての相談が寄せられた場合、セクシャルマイノリティを公にするかどうかは本人の意思を尊重する必要があります。プライバシーに深く関わる問題のため、ここで相手に対して配慮に欠ける言葉をかけたり、周りに言いふらすなどの行為は好ましくありません。これらの行為がSOGIハラにあたることを認識した上で注意して発言・行動をしてください。

LGBTQの採用

LGBTQ採用について、まずは企業側がダイバーシティ推進のアピールをすることが重要です。国籍、性別、年齢などの区別をせず、多様な人材を積極的に登用する企業として、多様化にも配慮した環境づくりに取り組んでいることを発信しましょう。

面接時には、性別の欄に男・女のほか「その他」という選択肢を設けたり、そもそも性別の記入を求めないという配慮の仕方もあります。
また、面接で本人からカミングアウトがあった場合には、LGBTに対する企業の考えや対応について質問される可能性があります。その際の返答がSOGIハラにならないよう、事前にマニュアルを用意したりなど、人事部でのLGBTに関する認識を合わせておくと安心です。

LGBT当事者の考えは様々

LGBT採用を行う上で注意しておきたいことは、LGBT当事者の考えは様々あるということです。LGBTに配慮した取り組みをアピールする行為は、LGBT当事者の不安を軽減する反面、一部では自分達が会社のプロモーションに利用されていると嫌悪感を感じる場合もあります。カミングアウトして働きたい、バレずに働きたい、LGBT当事者の考えは様々です。企業がすべきことは何よりも本人の考えを尊重し、働き方の選択肢を増やしてあげることにあります。

LGBTに配慮した社内制度がまだ進んでいない企業には、プライド月間を活用した取り組みがおすすめです。6月は「プライド月間(Pride Month)」と呼ばれ、世界各地でLGBTQ+の権利を啓発する活動・イベントが実施されています。企業も取り組みのきっかけとして参加しやすいイベントが多いので、LGBTの正しい理解と知識の習得ためにもご活用ください。

採用サーチでは採用業務に関するお悩みをお持ちの企業様に、求人応募率の高いIndeedでの求人広告運用代理店を無料で紹介しております。Indeed認定パートナーと連携することで、広告運用や採用マーケティング活動の効果を最大化することが可能になります。
是非、お気軽にご相談ください。

https://reiwa.careers/contact/