近年、FacebookやLINEなどのSNSを活用した採用活動が増えています。人事担当によるSNSの運用はターゲットに広くアプローチができるという点で有効な反面、些細なきっかけで炎上するなどのリスクも伴います。人事SNSが炎上しない為にはどうすればよいのか、今回はリスクヘッジのコツについて考えてみたいと思います。

企業の人事SNS活用。炎上も多い?

SNSの企業公式アカウントは定番となりつつあり、今では「中の人」と呼ばれる担当経験者も増えてきました。また、企業公式アカウントとは別に人事担当が個人アカウントを活用して採用活動を行うケースも出てきています。

SNSでの採用活動には多くの人に採用情報を届けられるというメリットがある一方で、炎上案件などが起こりやすいという問題もあります。過去にはサイバーエージェント、Peers、Sansan、パーソナル、ノースサンドなどの企業が、SNS炎上でメディアに取り上げられました。知名度が高い企業ほど炎上しやすい面があるのかも知れませんが、SNS上では些細な一言でもあっという間に大きな炎上へとつながります。企業の規模に関わらず、発信する内容には十分に配慮しなくてはなりません。

人事SNSが炎上しないためのコツ

人事SNSが炎上しないためにはどうしたらよいのか、具体的なコツを見ていきましょう。

企業を背負っているアカウントだという認識の周知

企業の人事担当が個人アカウントを活用して採用活動を行う場合は、社名を出して「公」のアカウントである印象を与えましょう。個人アカウントなので住み分けが難しい場合もありますが、社名を出して「人事担当の◯◯」として投稿を行うことで企業を背負っているアカウントという認識の周知が必要です。

人事SNSの担当者は元々SNSに慣れている人が多く、個人利用の感覚のまま活用してしまい、自分の意見、考え方、こだわりをそのまま投稿してしまう人がいます。また、バズらせようと過度な表現をしたり、結果として誤解を招く投稿になってしまう場合もあります。一度炎上すると企業に対してマイナスイメージが根付いてしまい、払拭するには相当の時間を要します。SNS運用は人事担当の裁量に任せている会社もありますが、社名を出している以上、会社の顔であることの意識をしっかりと持ちましょう。

上から目線になっていないか注意

人事とは企業に必要な人材を「選ぶ」仕事ではありますが、「◯◯な人とは働きたくない」「こんなこともできない人は要らない」「採ってはいけない人」など、否定的な内容をSNSで投稿すると、上から目線の発言だと捉えられて炎上しがちな側面があります。

あくまで個人の意見として投稿したつもりでも、その会社の採用基準だと誤解されてしまう可能性があるため、人事として投稿する際は特に言葉選びに注意しなければなりません。上から目線になっていないか、特定の人を批判するような言葉になっていないか、十分に確認をしてから投稿してください。

企業の人事SNSは炎上リスクを踏まえ運用を

採用活動に有効な手段として増えてきた企業の人事SNS。メリットとともに炎上などのリスクもあることを踏まえた上で運用していくことが大切です。企業を背負っているアカウントとしての責任をしっかり持って、上手にSNSを活用していきましょう。

採用サーチでは、人材広告の効率を最大化するために、貴社にマッチしたおすすめのIndeed代理店との出会いをサポートしています。採用活動の進め方にお悩みのある企業様は是非ともお問い合わせください。
https://reiwa.careers/contact/