Indeedのスポンサー求人とは

CMでもおなじみのIndeed(インディード)。Indeedの求人掲載には無料広告枠と有料広告枠の二つがあり、有料広告枠のことをスポンサー求人と呼びます。今回はIndeedのスポンサー求人についてご紹介いたします。
 

Indeedのスポンサー求人とは

Indeedのスポンサー求人とは、関連する検索結果に表示される有料掲載の求人広告のことを指します。無料広告枠よりも上部に掲載されるので、応募者の増加を見込める枠となります。
まず始めに、Indeedの広告利用にはIndeedの掲載基準に対応している必要があります。例えば、1つの求人情報につき1職種1勤務地が原則となっていることや、求人情報に関する勤務地、職種名、応募条件、給与体系の情報は全て明記すること等が条件となっています。
また、採用に必要なもの以外の情報を求職者に要求したり、業務の能力とは関係ない理由で応募が制限されてしまうような内容を記載している場合は求人掲載されませんので、求人作成の際は十分にご注意ください。
参照)Indeed 求人掲載に関するガイドライン

 

Indeedのスポンサー求人への掲載

Indeedへの掲載方法は、Indeedのアカウントを作成し、Indeed内で求人を作成するか、または自社ホームページ内に求人情報ページを作成するかいずれかの方法での掲載となります。求人情報の入力までは無料・有料掲載ともに同様の手順です。
求人登録時に掲載料金を設定することでスポンサー求人(有料広告枠)へ掲載ができる仕組みです。なお、予算の調整や掲載の休止・停止等はいつでも可能となっています。
 

スポンサー広告の料金・費用

スポンサー求人の広告費用はクリック課金です。求職者が求人をクリックする毎に料金が発生します。クリック単価の設定次第で有料広告枠内での掲載場所が変動します。
クリック単価の調整方法には自動調整設定と手動設定の二つがあり、自動調整設定では、あらかじめ設定した日額または月額の金額を元にAIが自動的に単価調整を行います。手動設定では15~1,000円の間でクリック単価と上限予算を任意で直接入力する方法になります。
応募の獲得状況などを確認しつつ、状況に応じてクリック単価の調整を行うことで効果を最大化することが出来ます。
 
Indeedのスポンサー求人は無料広告枠に比べて効果が出やすいです。より効果的にスポンサー求人を活用するためには、広告運用に関するノウハウが必須となります。例えばIndeed代理店を利用することで効果が見込めるチャンスがグッと広がります。
当社が運営する「採用サーチ」では、専門的な運用ノウハウを持ったIndeed代理店をご紹介させていただいております。広告予算や対応エリア、過去の運用実績などを考慮の上、貴社に見合った代理店をお探しいたします。そのほか人材採用に関するお悩みでしたらどんな事でもお受けいたしますので、お気軽にご相談ください。
 

お問い合わせ

PAGE TOP