求人募集が集まらない時の対策

前回のブログ(採用コストの計算方法)でも述べましたが、日本の採用市場は売り手市場が続いております。毎年2月頃から4月にかけては転職市場のピークに入ります。この時期は各企業の求人募集が一気に増え、人材獲得の競争は更に激化していくことが見込まれます。
このような状況の中で、なかなか求人募集が集まらないとお困りの企業様もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は採用担当者様向けに求人募集が集まらない時の対策方法についてご紹介します。
 

求人募集が集まらない理由

求人募集が集まらない場合、なぜ集まらないのか理由や原因を分析することが大切です。当たり前のことではありますが、このような対応はスピード勝負となります。求人募集が集まらない原因を分析して、迅速に対策を実行することを心掛けてください。

まずは課題と原因の洗い出しを行います。
求人応募が集まらないという課題に対して思いつく限りの原因をリストアップしてみましょう。
 

【課題】

なぜ求人応募が集まらないのか

【原因】

例)
・求人内容が魅力的でない
・求人内容では仕事がイメージしづらい
・募集条件が見劣りしている
・募集情報が求職者に届いていない
・募集先の選定が間違っている

求人内容に問題がある場合は、そもそも募集内容を再検討しなければなりません。募集情報が求職者に届いていない場合は募集情報の掲載媒体が原因となってきます。
 

求人募集が集まらない時の対策

原因を洗い出したら具体的に対策を考えていきます。
対策を実行して求職者に選ばれる求人内容を再検討したり、効果的な求人広告を作って行きましょう。

【対策】

例)
・同業他社と求人を比較し、求人内容の見直しを行う
・掲載内容が応募者に伝わるか広告内容の見直しを行う
・募集内容の掲載媒体を見直し
・求人媒体の代理店に相談する

原因を洗い出すだけでは、改善には繋がりません。原因に対しての対策案を考え、さらにその対策を実行することで「求人応募が集まらない」という悩みの解決に向かっていくことが出来ます。
 

求人募集をしてもなかなか応募が来ないとお困りの企業の皆様、まずは原因の洗い出しを行って早めの対策を練りましょう。ただ応募を待つのではなく、何か一つでも対策を実行することで求人募集が集まる可能性が高まります。求職者も常に流動的なので、色々なことを試してトライアンドエラーを繰り返していくことが採用成功の近道となります。

また、困ったときは採用市場を熟知している専門家に尋ねるのも効果的な方法の一つとなります。当社が運営する「採用サーチ」では、貴社と今もっとも求人実績が高い「Indeed」から認められた、求人広告のプロフェッショナル(Indeed代理店)をご紹介しております。

採用を強化したい、Indeedで無駄なく応募を獲得したい、Indeedで採用応募をしたいが利用の仕方がわからないなどの様々なお悩みを解決いたします。ぜひお問い合わせください。

https://reiwa.careers/contact/

PAGE TOP