Indeed(インディード)の効果的な使い方をご紹介!
ほか求人媒体との違いとは?

世界最大規模の検索エンジンIndeedはほかの求人媒体とどのように違うのでしょうか。
一見同じように見えますが、違いを理解すればそれぞれの特徴を生かした採用活動ができるようになるでしょう。

Indeedの特徴とほか求人媒体との違い

Indeedの特徴とほか求人媒体との違い

Indeedは求人情報専門の検索エンジン

Indeedは求人専門の検索エンジンなのでIndeed内であらゆる求人情報を一括検索ができます。キーワード(職種、会社名など)と勤務地を入力して検索するだけのシンプルな作り。検索結果も求人情報だけなので無関係な情報は表示されず、効率的にお仕事を調べることができます。求人数が圧倒的に多いのであらゆるお仕事情報を手に入れることができます。一度Indeedで検索してみるとその求人件数の多さに驚くでしょう。求人数が多く集まる理由は求人掲載が無料でできるから。Indeedでは無料で求人掲載する方法が2つあります。1つはIndeedでアカウントに沿って求人情報を記載するだけ。これだけで簡単に求人票が掲載できます。詳しい掲載手順は後程紹介します。
もう1つは自社サイトに掲載する求人情報をIndeed仕様で記載すること。Indeedの検索エンジンはIndeedが定めたフォーマットで記載されたページを求人情報と認識してくれます。この方法だと自社サイトでありがらIndeedでも検索表示されることができます。
一方でIndeedで上位表示したい場合は有料で求人情報を掲載することもできます。Indeedの場合はクリック課金制なので成果に応じた費用なので安心して利用できます。
基本的には*登録不要なので誰でもいつでも求人情報にアクセス可能。このように、圧倒的な求人数と登録不要の2点から求職者が集まりやすい求人専門の検索エンジンになっております。

*最近は登録が必要なケースが増えています

一般的な求人媒体

一般的な求人媒体はそれぞれの求人サイトに登録された求人情報が検索対象なので情報が限定的です。1つ1つの求人情報の中身は濃いものが多いですが、求人数は圧倒的に少ないと言えるでしょう。そのため、職種で検索しても自分のエリアにはその職種がなかったり、またエリアで検索した場合はやりたい職種が検索に引っかからないなど、求職者が満たされない部分もあります。
また費用は成果によらない固定制です。無料で掲載できる求人媒体などはかなり少なく、基本的には固定の費用が必要。例えば1か月間、サイトに求人掲載すれば10万円など、という仕組みです。資金が潤沢で知名度が高い企業は固定費用でたくさんの求職者が集まるかもしれないので、こちらの方がメリットがある場合もありますが、掲載してみないと分からないというリスクもあります。

Indeedの機能

Indeedの機能

Indeedにはさまざまな機能が掲載されています。機能を積極的に活用して求職者にしっかりとアピールしましょう。

求人情報作成カスタマイズ機能

Indeedはシンプルなページが特徴ですが、求人情報を作成するときに見栄えをよくするためのカスタマイズができます。例えば企業ロゴやメインカラーの選択などで目をひくデザインができます。
また企業の魅力を伝えるためのコンテンツも追加できます。カスタムコンテンツで企業ページに表示したい画像や動画、テキストなどを選択してファイルをアップロードするか、テキストを保存すれば企業ページのコンテンツを拡充できます。

求人情報掲載カスタマイズ機能

求人情報の掲載は無料または有料で掲載ができます。
・無料で掲載
無料の場合は上述した通りアカウント登録からIndeedページを作成するか、自社サイトの求人ページをIndeed仕様にするかによって実現します。書き方を工夫するだけで自社の求人ページを世界最大規模の求人専門検索エンジンに見つけてもらうことができます。
・有料で掲載
手早く求人を見てほしい場合や急ぎで人材を確保したい場合は有料の掲載をおすすめします。良い人材の獲得は企業成長には欠かせないポイントです。将来のことを考えればIndeedの掲載費用は安いものでしょう。Indeedの有料掲載はとても細かく設定できます。ひとつの求人に対するワンクリック費用や月の上限費用なども設定可能。月の上限費用を設定した場合はワンクリック加算が月の上限金額に達すると、その月は自動的に無料枠での掲載に切り替わるので費用計画に沿った求人が出しやすいです。

データ分析機能

今まで紹介した2つの機能(求人情報作成カスタマイズ機能、求人情報掲載カスタマイズ機能)は求人掲載までの機能でしたが、ここで紹介する昨日は求人掲載後に活躍するデータ分析機能です。求人はただ出稿するだけでは効果薄で、成果を上げるためには求人情報の内容をアップデートする必要があります。そのもととなる情報をIndeedは提供してくれます。それが求人アナリティクス。求人アナリティクスには求人活動に活用できるデータを見ることができます。例えばユーザー数やクリック数。貴社の求人情報がどれだけのユーザーに閲覧されて、反応があったかを把握できます。クリック数の割に応募につながっていないのであれば、求人情報をもっと魅力的にした方がいいかもしれません。
ランキングデータも見ることができます。求人件数や検索ワードランキング、勤務地ランキングなど。検索キーワードランキングなどを参考にすればコンテンツ内に書くべきキーワードがわかるかもしれません。
さらにIndeedには求人アナリティクスよりさらに詳細な情報を提供するindeedアナリティクスがあります。indeedアナリティクスでは有料掲載求人がどれぐらいクリックされて、応募に至っているかなど、細かいデータまで表示されます。
このアナリティクスを上手に使えば求人情報でアップデートすべき部分が明確になるでしょう。

Indeedの効果的な使い方

Indeedの効果的な使い方

Indeedでは転職を手軽にするために新たな機能をアップデートしています。近頃で代表的な昨日はWeb面接機能と自動面接予約機能です。これら機能を上手に使えば応募から面談までが一気通貫で実現します。

Web面接機能

Indeedは日本では2021年3月にIndeed独自の面接プラットフォーム「Indeed Interview」を導入し、Web面接機能を追加しました。この機能は端的に言うとIndeedのサービス内でオンライン面接が受けられるようにする機能。Web面接機能により、外部サービス(zoomなど)を使わずに応募から面接までスムーズに行えます。

自動面接予約機能

Web面接機能に加えて、2021年10月には自動面接予約機能もリリースされました。自動面接予約機能は求人への応募から面接までの待ち時間や煩雑なやり取りを減らす画期的な機能。求職者はIndeed上で「面接予約OK」バッジのついた求人情報に応募すると、いくつかの事前質問が表示されるので回答します。面接要件を満たしていると判断された場合にはすぐに面接予約メールが届き、Indeed上で複数の面接日程候補から自分に都合のよい日時を選ぶことができます。応募から面接までがスピーディーかつ、効率的です。
Indeedは1クリックで就職・転職できる社会を目指しているのでこのWeb面接機能と自動面接予約機能はまさにその目標に近づくための機能と言えるでしょう。

アカウント登録〜求人の登録までの流れ

アカウント登録〜求人の登録までの流れ

Indeedで無料に掲載する1つとして、Indeedサイトから求人情報を作成する方法をお伝えします。
とても簡単に無料で掲載できるところがIndeedの良い点。方法は以下です。
(1)まずはIndeedサイト(https://jp.indeed.com/)にアクセスします。
(2)アカウントを作成します。
(3)トップページの右上あたりに求人広告掲載ボタンがあるのでボタンをクリックします。
(4)Indeed「求人掲載(無料)」ボタンをクリックします。
(5)流れに沿って求人情報を入力していきます。
すべての項目の入力が完了すると、「求人票の掲載」が可能となります。

Indeed掲載の効果を最大限引き出すには代理店の活用がおすすめ

Indeed掲載の効果を最大限引き出すには代理店の活用がおすすめ

Indeedの使い方を紹介してきました。Indeedは無料で手軽に始められる反面、求人数が多いので目立つにはがノウハウが必要。自力で頑張るのも良いですが、ノウハウを身に付けるにはたくさんの時間がかかります。手早く効果を期待したいなら、Indeed掲載に実績があってノウハウをもったIndeed代理店に運用を依頼すれば効率的な求人活動が期待できます。

参考:https://www.human-work.co.jp/column/vol_110/
   https://techacademy.jp/biz/hrmagazine/1066/