Indeedは運用してこそ価値が生まれる媒体です。Indeedは文章チェックや運用は自分たちでしなければなりません。有料の場合はスポンサー枠で検索に上位表示されますがそれだけです。上位表示されるだけでは採用につながらないですよね。採用活動はPR文章を精査したり、データをもとに改善したりするなどしてブラッシュアップさせて成果につなげていく必要があります。しかしこのブラッシュアップをするにはとうぜんながらノウハウが求められます。ノウハウがないとブラッシュアップはできませんよね。
そのためIndeedで成果をあげるには自社で運用するのではなく、Indeed代理店に依頼して運用してもらう方法があります。Indeed代理店であればノウハウを持っているのでブラッシュアップしてIndeed広告を改善してくれるでしょう。

Indeedの運用を代理店に任せるメリット・デメリット

Indeedの運用を代理店に任せるメリット・デメリット

Indeedの運用を代理店にお願いする前にまずメリットとデメリットを理解しておく必要があります。もし、自分たちで運用するよりも代理店に依頼したほうが効果的だと考える場合は代理店に運用をお願いするとよいかもしれません。

運用を代理店に任せるメリット

運用を代理店にお願いするメリットは大きく2つあります。まず1つ目はワンストップで運用をお願いできるということです。Indeedというキーワードでネット検索するとIndeedの利用方法などの記事にたどり着くでしょう。そこにはIndeedのアカウント解説方法や求人作成方法などの説明がされているかもしれません。このようなハウツー記事を参考に時間をかけて勉強すれば、おそらく誰でも無料でIndeedに求人を掲載できるようになります。
しかしながら果たしてそれは効率的でしょうか。自力の場合は金銭的コストはゼロですが学習コストが生まれます。
実際にIndeedではIndeed仕様で自社採用サイトに採用情報を記載すれば、Indeedは求人情報として掲載してくれます。しかしこのIndeed仕様にマッチした書き方の習得がとても大変です。Indeedが設ける7つの掲載条件をクリアしていないと掲載してもらえないからです。Indeed仕様で求人情報を書いて、掲載されないからまた書き換え、などを繰り返ししていると時間の消耗が激しくなります。その時間を本業に費やしてIndeedに関しては一括でプロの代理店にお願いしたほうが効率的と言えるかもしれません。
運用を代理店に任せるメリットの2つ目として成果が期待できることです。Indeedで求人を獲得する方法を熟知したプロが運用するので、求人の書き方や検索上位で表示される方法を理解しています。そのため自分たちで書くよりもノウハウを活用した書き方にすることで成果の期待大。
求人は公開することが目的ではなく、人材を獲得することが目的です。そのためプロ(代理店)なら、より成果が出る求人活動をしてくれるでしょう。

運用を代理店に任せるデメリット

次にIndeedの運用を代理店にお願いするデメリットを見ていきましょう。デメリットも大きく2つあります。まず1つ目はコストが発生することです。当然ですが、プロの知恵を拝借するため金銭的コストがかかります。自分たちで運用すれば時間的コストは発生しますが金銭的コストは発生しません。一方でプロに頼めば時間的コストは発生しませんが、金銭的コストは発生します。
2つ目は代理店が多いので代理店の選択に困るということです。代理店に資格やノウハウの証明は不要なためどのような会社でもIndeed代理店と名乗れます。運用ノウハウを持たずに代理店を名乗る企業ももしかしたら存在するかもしれません。ただ、このデメリットはIndeedの認定パートナーのランクをもとに選定すれば解決できる可能性があります。Indeedの認定パートナーとはIndeed広告の販売代理店としてIndeedが公式に認定した代理店です。実績などをもとにゴールドランク、シルバーランク、ブロンズランクの代理店ランクに分かれています。この代理店ランクをもとに代理店を選択するのがよいかもしれません。

Indeed代理店の選び方とは?

Indeed代理店の選び方とは?

Indeed代理店を選ぶ際は2つの特徴でチェックすることをおすすめします。1つは求人に強い代理店であること、もう1つはWebマーケティングに強い代理店であることです。これら2つとも満たした代理店がベストですがなかなか難しいのでどちらの特徴を備えた企業の方が自社とマッチするか考えながら選ぶとよいでしょう。それぞれ説明していきます。

求人に強い代理店を選ぶ

求人に強い代理店とはリクナビやマイナビなども含めて、求人活動全般の代行を行っているような会社です。Webに限らず紙媒体なども含めて求人全般がテリトリーなのでIndeedだけでなく、自社の採用全般を一括でお願いする場合は求人に強い代理店が最適。求人領域に強いので、求人トレンドや応募したくなる文章などの制作が得意です。

Webマーケティングに強い代理店を選ぶ

Webマーケティングに強い代理店とは求人が専門ではなく、Webマーケティングが専門の会社です。Google広告やバナー広告の運用などWebマーケティングが得意でこれは求人に限りません。ECサイトやホームページなど、Webサイト全般がテリトリーです。例えば「求人サイトで問い合わせしてもらうために何を改善すべきか」、「ECサイトのコンバージョンを上げるために最適な施策は何か」などの課題に対して、Webデータに基づき答えを見つけます。PDCAを回して数値を改善することが得意な反面、求人領域に特化していないので文章の作成などは自社で対応する必要があります。

おすすめの代理店5選

おすすめの代理店5選

代理店選びの参考として特徴別に代理店を5社ピックアップして紹介いたします。

株式会社求人ジャーナル

代理店ランクがゴールドパートナーの会社です。求人ジャーナルが提供する「えんと〜り」は企業の個性をアピールできるサイトでIndeedにも自動掲載されます。フリーペーパーなども行っているためWebに限らず求人全般に強いです。ゴールドパートナーなのでIndeedの実績はトップクラスで信頼度がとても高いと言えるでしょう。

フェリクシード株式会社

代理店ランクがシルバーパートナーの会社です。Indeedへの広告出稿支援のほか、独自の人材マッチングサービス「Felixeed Career」も提供するなど求人全般に強い会社です。Webサイト開発なども行っているため求人分野、Webマーケティング分野ともに期待できる会社です。

株式会社ピーエイ

代理店ランクがシルバーパートナーの会社です。ピーエイは、求人情報メディア「ジョブポスト」の運営や人材と企業のニーズを直接マッチングする人材紹介事業などを行っており、求人全般に強い会社です。

株式会社ブラザーワークス

代理店ランクがブロンズパートナーの会社です。建設業界に強みがあり、建設会社様の求人には強い会社です。

株式会社フォロアス

代理店ランクがブロンズパートナーの会社です。求人媒体に各種Webサービスを掛け合わせて求人媒体の効果を最大化してくれる会社です。サイト作成なども請け負っています。

Indeed代理店選びに迷ったら採用サーチにご相談ください

Indeed代理店選びに迷ったら採用サーチにご相談ください

いくつかの代理店を紹介いたしましたが、この5社だけでもそれぞれの強みは違いますよね。会社ごとに得意とするところが異なるため代理店の選択はとても重要です。言い方を変えれば、自社にマッチした代理店を選べられれば採用活動がうまくいく可能性が大きいです。代理店選びは慎重に行いましょう。
採用サーチは御社に合ったIndeed代理店を見つけられるサービスです。エリア別、ランク別にIndeed代理店を調べることができます。またご希望に沿った代理店を一緒にお探しすることもできますのでお気軽にお問い合わせください。